はじめました


by refused
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

七尾旅人

最近友達に勧められて今はまりにはまっております。凡人とはかけ離れた感性を持つボーカリスト七尾旅人です。音楽性は作品によってぜんぜん違いますのでアルバムごとに説明しますが、この人の特徴はぶっ飛んだ言語感覚+独特な歌いまわしです。声のトーンや詩の振り分け方なども独特で唯一無二の世界観です。

d0043105_0224269.jpgTitle:雨に撃たえば...!disc 2

Label:ソニーミュージック

Rate:☆☆☆

1stです。自分はアコギの弾き語り作品の3rdを聴いて気に入ったんでコレ買ってみたんですが、まったく異なる作風でびっくりしつつも逆にこっちのほうがツボではまりました。この作品は七尾旅人の10代の集大成的な作品だそうですが、とんでもないアルバムです。詩の世界観も特徴的ですがなんといっても歌うという定義の枠を外れたような歌いまわしがたまりまへん。脱力感溢れるダミ声やら透き通っていて浮遊感のあるコーラスやら女の子みたいな高音やら様々な声色を繰り出してきます。ほんでもって単なる舌足らずなのかわざとやってんのかわからんけど人を小馬鹿にしたような聴き取りにくいボーカルで歌というより音という感じで演奏に溶け込む歌唱です。詩を振り分ける際の区切り方も特徴的でこれもわざとなのか適当なのかよくわからんけどよろしいです。演奏のほうはロックやらジャズやらいろんなジャンルが混ざっていて非常にバラエティ富んでいますが七尾旅人の歌が見事に溶け込んでます。お勧めは7曲目のガリバー2という曲で、10分もある曲ですが、すんなり聴けて全然あきません。この曲、ものすごく濃密で音の洪水が耳になだれ込んでくる個人的にはマイブラMEETSゴイステみたいな感じの曲です。

d0043105_0464448.jpgTitle:ヘヴンリィ・パンク:アダージョ

Label:ワンダーグラウンド・ミュージック

Rate:

2枚組み全35曲と大作な2ndですが、スケール感では前作に劣ります。前作に見られた自由奔放な歌唱は抑えられて毒がなくなってます。声色も透明感あるきれいめな声中心に統一されて、詩のほうもこぎれいな言葉が多く、前作のようなぶっ飛び感はないです。曲の方はといいますと相変わらずいろんなジャンルが混ざっていますが、小さくまとめられた曲が多いです。前作では、七尾旅人の歌唱が曲に合わせて七変化しうまく順応していたのですが、今作ではそういう意味での表現力はなく、少し散漫な印象です。しかし、不協和音へと変化していくコード進行に対して音程を外しそうで外さない綱渡り的なメロディーラインや独特な詩の振り分け方などは健在で、曲のクオリティも高いので一聴の価値アリです。

d0043105_142781.jpgTitle:ひきがたり・ものがたりVol.1 蜂雀

Label:ワンダーグラウンド・ミュージック

Rate:☆☆

作風をガラリと変えて全曲アコギによる弾き語りとなっている3rdです。特に1stとは別モンの音楽と思ってもらっていいです。このアルバムは傑作で、アコギのみの演奏となった分、七尾旅人のメロディーセンスや詩が一層際立つ作品となってます。このアルバムでは曲ごとに舞台と登場人物が設定され物語を歌うといった感じになってます。曲はそれぞれ結構長いんですがしっかりと展開があり、物語調の詩も手伝って退屈することなく聴けると思います。個人的には1、2、3曲目が好きです。

d0043105_151488.jpgTitle:オモヒデ オーヴァ ドライヴ

Label:ソニーミュージック

Rate:

1stシングルです。サウンドは1stアルバムのような密度はなくいたってシンプルな構成です。その分メロディが際立った作品でサイケな感じもありません。しかしながら曲が非常に良くとても聴きやすいです。4曲入ってますが全部名曲。個人的には3曲目の「戦闘機」が好きです。
[PR]
by refused | 2006-08-26 01:19 | POP

Momus

極上のポップセンスに独特のユーモアを併せ持つ異色のシンガーソングライター、ニコラス・カリーさんのモーマスです。曲調はフォークを基調としたポップなエレクトロニックです。天才の作るポップミュージックをおためしあれ。

d0043105_21221693.jpgTitle:Folktronic

Label:Le Grand Magistery

Rate:☆☆

タイトルの通りフォークトロニカですが、カントリーなギターを中心としたフォークトロニカです。50~60年代のオールディーズフォークを匂わせるギターと歌唱アプローチにエレポップな打ち込みを加味した感じで新鮮です。しかしMomusの魅力はなんといってもニコラスの歌にあります。ユニークな楽曲群にぴったりの歌いまわしでMomus節を確立してます。20曲入りボリュームたっぷりのアルバムなんでお得です。

d0043105_213544.jpgTitle:Otto Spooky

Label:Analog Baroque

Rate:☆☆☆

個人的にはこのアルバム傑作です。サウンドが洗練されて1曲1曲の完成度が鬼です。前作よりもそれぞれの曲がとても個性的でバラエティに富んでいます。それでいて散漫な印象はなくMomusという世界の中でうまいことまとまってます。ニコラスの歌唱も冴えてますよ。3曲目のCORKSCREW KINGはニコラスが志村けんにインスパイアされて作った曲らしく、バカ殿とか変なおじさんとかいう言葉がでてきます笑。とにかくポップスの一つの究極形だと個人的には思うんで是非おためしを。
[PR]
by refused | 2006-08-16 21:45 | POP

Shpongle

サイケ・ゴアトランスの大御所、Shpongleを紹介します。とてもエスニックなサウンドとリズムが特徴です。出すアルバム全て傑作でアげる曲から入り込める曲までバラエティに富んだ音楽を聴かせてくれます。曲構成、アルバム全体の構成も抜群にいいです。ハマると抜け出せないタイプの音楽で宗教音楽とかにも使えるんではないかと思います。

d0043105_2184713.jpgTitle:Are You Shpongled?

Label:Twisted

Rate:☆☆☆

Shpongleの1stです。こいつらのアルバムの中では一番ダークです。とにかくPLAY押した瞬間宇宙へ行きます。部屋真っ暗にして酒飲みながらこれ聴くとトびますよ。このアルバムにはShpongle必殺の超名曲Divine Moments of Truthが入ってます。この曲はもう神の領域、これだけで三ツ星です。聴くべし!

d0043105_21141264.jpgTitle:Tales of the Inexpressible

Label:Kinetic

Rate:☆☆

2ndですが前作とはうってかわってアゲてきます。相変わらずのShpongleワールドです。構成もバッチリでアルバム全体の完成度としてはこれが一番ですな。脳内麻薬な一枚です。

d0043105_2142511.jpgTitle:Nothing Lasts But Nothing Is..

Label:Twisted

Rate:☆☆

上に紹介した2作と比べてだいぶ聴きやすくこぎれいにまとまった印象をうけるアルバムです。全ての曲が繋がっていて一度かけるとぶっ通しで聴いてしまいます。耳をすませて聴くとほんま音の作り凝ってるなあと感心しますよ。
[PR]
by refused | 2006-08-10 21:50 | TECHNO/TRANCE

The Books

ドイツのフォークトロニカ、The Booksです。フォークギターを基盤に様々なサンプリングで独特の世界を作り上げています。ギターの特徴としては哀愁のあるメロディというよりどこか懐かしさを感じさせる暖かいメロディです。日本人にはツボだと個人的には思います。またサンプリングで人の声が多用されているんですが、日本語率が妙に高いのがおもろい。

d0043105_3424483.jpgTitle:Thought for Food

Label:Tomlab

Rate:☆☆

The Booksの1stです。前述した通りの音楽性ですが、コロコロと展開が変わって飽きさせません。その割にゆったりと聴けます。とりあえず1曲目を聴けばThe Booksの音楽がどんなものか分かると思います。

d0043105_3483764.jpgTitle:The Lemon of Pink

Label:Tomlab

Rate:☆☆

2ndです。音楽性に特に変化はありませんが完成度は高く名盤です。表題曲の1曲目はおっさんがいし~やき~いも~ってゆってる声がサンプリングされています。夕焼けを連想させる味のある曲です。7曲目は逆再生を効果的に使った曲でおもしろいです。ギターよりサンプリングのコラージュにセンスと個性を感じますな。
[PR]
by refused | 2006-08-09 03:55 | ELECTRONIC

Nikakoi

グルジア出身(どこ??)のアーティスト、Nikakoiです。非常に爽やかなエレクトロニック。エレクトロニックにはあまり聴かれない疾走感溢れるビートが特徴です。Telefon Tel Avivとか好きな人はオススメですよ。

d0043105_3181346.jpgTitle:Sestrichka

Label:Wmf

Rate:

1stです。1曲目からつかみはバッチリです。走るビートに爽やかメロディ。1曲1曲がコンパクトにまとまっていて聴きやすいアルバムです。基本全曲いいですが1、11は特に名曲ですな。
[PR]
by refused | 2006-08-09 03:26 | ELECTRONIC

Dead Kennedys

元祖パンクハードコア、Dead Kennedysのレビューをいたします。このバンドはなんといってもボーカルのジェロビアフラが神です。アクの強い妖しいボーカルです。バンドのほうはハードコア、しかしポップ。ギターがバリかっこいいね。このギタリストの特徴は妖しくキャッチーな単音メロ+鋭くよく響くカッティングです。Gang of Fourらへんにトーンが似てるかもです。とっつきやすいうえに中毒性まで兼ね備えた危険なバンドです。

d0043105_104652.jpgTitle:Fresh Fruit for Rotting Vegetables

Label:Cherry Red

Rate:☆☆☆

代表曲目白押しの超名盤です。とにかく聴いてみてください。1曲目から即KO間違いない。サウンドがほんと独特でPLAYした瞬間にDead Kennedysの世界にドップリ。2枚組みでボリュームたっぷり。興味ある人、とりあえずこのアルバム聴いてみましょう。

d0043105_193342.jpgTitle:Plastic Surgery Disasters/In God We Trust,
    Inc.
Label:Manifesto

Rate:☆☆☆

こっちも最強。Dead Kennedys万歳です。2曲目のGovernment Fluは超名曲。疾走感溢れるハードコアな演奏にビアフラのボーカルが冴え渡りまくり。10曲目のRiotはこれぞDead Kennedysな曲で妖しげなリフを奏でるベースとギターの絡みが最強。こっちも買いましょう。
[PR]
by refused | 2006-08-07 01:17 | PUNK/HARDCORE

Anticon関連

すでに紹介したアングラヒップホップの雄、Anticonのメンバーが関連するものをまとめてレビューします。紹介するのはAlias、cLOUDDEAD、Odd Nosdam、Subtle、Themselvesです。

d0043105_08049.jpgTitle:Other Side of the Looking Glass

Label:Anticon

Rate:

AnticonのMCの一人、Aliasのソロアルバムです。ゲストとしてDoseが1曲だけ参加しています。この人のMCはAnticonのメンバーにしてはすごい正統派な感じです。しかしやっぱりAnticonメンバー、トラックが一筋縄にはいきません。よく作られてます。ピッタリ合ってます。

d0043105_0132553.jpgTitle:Ten

Label:Mush

Rate:

DoseがMCとして参加している非常に実験的なヒップホップ、cLOUDDEADです。どちらかというとエレクトロニックな方向のトラックも聴かれ、DoseのMCがよくマッチしています。緩くて暖かい感じのアルバムでリラックスできます。

d0043105_0194828.jpgTitle:No More Wig for Ohio

Label:Anticon

Rate:☆☆

cLOUDDEADにも参加しているOdd Nosdamのインストヒップホップアルバムです。このアルバムは相当ウケます。ユーモア抜群のおちゃらけヒップホップです。展開がめまぐるしく変わりふざけたトラックが次々と流れます。ゆるゆるで楽しい作品です。

d0043105_0275636.jpgTitle:New White

Label:Lex

Rate:

DoseがMCを勤めるバンドヒップホップ、Subtleです。演奏は暖かい浮遊感のある音色が特徴ですがやっぱDoseのMCはこういうのにピッタリきますな。

d0043105_0334993.jpgTitle:No Music

Label:Anticon

Rate:☆☆

DoseとJelの二人によるプロジェクトThemselves。最早ヒップホップとは呼び難い実験的な作品ですがヤバす。創造力に溢れる名盤です。なんかDose関連ばっか紹介してますね。すんません好きなんです。
[PR]
by refused | 2006-08-07 00:42 | HIP HOP

P.J.Harvey

女性ボーカルレビュー続きます。今回は最高にロケンロールなP.J. Harveyさんです。ポーリー・ジーン・ハーヴェイさんです。サウンドはドライでエッジの効いたギターにタイトなリズムなロケンロール。そしてハーヴェイさんのボーカルが超クール。歌詞の内容も過激で性について歌ってはります。とてもシンプルでシャープなサウンドが特徴で楽器、ボーカルそれぞれが直にギャリッと響いてきます。

d0043105_440194.jpgTitle:Rid of Me

Label:Island

Rate:☆☆☆

PJ傑作の2ndです。ジャケのインパクトが強烈ですな。なんていうかこのアルバムは小手先の音が一切感じられません。一音一音がむき出しで強烈に鋭く響きます。荒々しく陰鬱で人によっては聴きにくいアルバムかもしれませんが間違いなく傑作です。PJの魅力が詰まったアルバムです。

d0043105_448193.jpgTitle:Uh Huh Her

Label:Island

Rate:☆☆

これは比較的新しいアルバムだと思いますが、相変わらずのPJ節です。ドライ、シャープ、タイト、シンプル、リアルな感じです。Rid of Meよりはいくらか聴きやすい曲が多いかもしれません。いやーかっこええわあ。

d0043105_4524733.jpgTitle:Stories from the City, Stories from the Sea

Label:Island

Rate:

このアルバムは個人的にPJで一番聴きやすいと思います。鋭さや陰鬱さが他のアルバムほど感じられません。でも曲は最高なんで普通にこのアルバム好きです。ちなみにこのアルバムRadioheadのトム・ヨークがコーラスやコラボで参加してます。興味ある人は聴いてみてください。
[PR]
by refused | 2006-08-04 05:04 | ROCK

Queenadreena

Heavy Rock界の歌姫、ケイティー嬢率いるQueenadreenaです。この人「裏Bjork」と大層な呼ばれ方もしてますけどわからんこともないです。一部の人には熱狂的な人気があるカリスマです。特徴は妖艶なロリータボイス+耳つんざくようなシャウトですがシャウトのイカれっぷりがたまりませんな。バックの演奏はヘヴィーでインダストリアルなサウンドです。個人的にかっこいいと思える女性ボーカルの一人です。この人Daisy Chainsawというパンクバンドでもボーカルしてましたがそっちもかっこいいよ。

d0043105_4135951.jpgTitle:Taxidermy

Label:Blanco Y Negro

Rate:

Queenadreenaの1stです。このバンド演奏がかっこいいです。サウンドもいい感じです。ケイティーさんのボーカルはまだ落ち着いてます。妖艶な歌い回しです。この人は声の抑え方がとても魅力的ですね。やっぱこの人のボーカルがこのバンドの雰囲気を決定づけてますな。

d0043105_4191773.jpgTitle:Drink Me

Label:Sanctuary/Rough Trade

Rate:☆☆

ケイティー嬢、キレてます。シャウトが決まりまくってます。1stと比べてボーカル・演奏ともに激しさを増した2ndです。メロで歌聴かせてサビで爆発といったよくある展開ですが、わかりやすくてかっこいいです。曲もキャッチーでよかとです。バックの演奏とケイティーのシャウトが混ざって若干割れたようにも聴こえるところもありますが、それがまたいい感じですよ。
[PR]
by refused | 2006-08-04 04:23 | HEAVY ROCK

Bjork

アイスランドが生んだ歌姫、Bjorkです。自由奔放で独特の世界観溢れるボーカル。彼女の歌には圧倒されます。トラックは基本的にエレクトロニックでストリングスなどを多用したドラマティックなものが多いです。しかしアイスランドのアーティストってみんな共通して独特の空気感が音に感じられるような気がします。いっぺんいってみたい国ですね。

d0043105_22404175.jpgTitle:Debut

Label:One Little Indian

Rate:

Bjorkのデビューアルバムです。ほんとはもっと前にアルバム出してるんですが、まあ実質ここからいわゆるところのBjorkが始まったということです。すでにBjork節全快で独特の世界観を確立しています。いいアルバムです。

d0043105_2246066.jpgTitle:Homogenic

Label:One Little Indian

Rate:☆☆

Bjorkのソロ3作目です。名盤です。2曲目のJogaは何回聴いたかわからん。トラックが非常にドラマティックなものが多くBjorkの歌声とばっちり合ってます。名曲目白押しなので入門にオススメかもしれません。Bjorkの世界を感じてください。

d0043105_22513013.jpgTitle:Medulla

Label:One Little Indian

Rate:☆☆

5作目です。このアルバムは全編を通して楽器らしい楽器を使わず、ヒューマンビートボックス、つまり人の声のみで作られています。聴いててとても不思議な感じがします。実験的なアルバムですが仕上がりは抜群で、Bjorkだからこそここまでの完成度に持ってこれたんだと思います。さすがです。若干怖い感じもするので初めての方にはとっつきにくいかもしれません。

d0043105_22593866.jpgTitle:Gling Glo

Label:One Little Indian

Rate:

BjorkがJazzを歌ったアルバムです。いつものBjorkとは別物と思ってもらっていいです。Bjork特有の妖しさ漂う歌い回しは聴かれず、かわいらしく軽快に歌ってます。普通にいいアルバムなんでBjork好きは是非。
[PR]
by refused | 2006-08-03 23:07 | POP